いつも演じている声優が役を降りた場合はどうするの?

特定の外国人俳優専属の声優が存在する

声優は外国人の俳優やアニメ、ゲームのキャラクターの吹き替えをこなすことが主な仕事ですが、新人の頃は役名がついていないキャラクターを担当することが珍しくありません。たとえば、外国映画であればワンシーンだけ出てきてヒロインをナンパする学生の吹き替えだったり、アニメであればメインキャラクターと少しだけ会話をする店員の吹き替えなどです。

こういった仕事をこなしながら、オーディションを受け続けていくと、映画の主人公役の吹き替えやアニメの重要キャラクターの吹き替えに抜擢されることがあり、声優として有名になっていきます。また、「この俳優の声ならこの声優しかない」という風に認識されると、実質的にその俳優専属の声優になることがあります。

声質が似ている人を探して代役にすることが多い

では、もしなんらかの理由で声優が役を降りてしまった場合はどうなるのでしょうか。たとえば、有名俳優が主演する外国映画のアフレコがあるとき、いつもはその俳優の吹き替えを務める声優が病気で入院することになってしまった場合などです。こういったケースでは、基本的に代役が立てられることになります。

代役の選び方は様々ですが、役を降りた声優と声質が似ている声優に吹き替えてもらうということが多いといえます。まったく声の違う人をキャスティングするよりも、声の似ている人を選んだ方が視聴者に違和感を感じさせないようにできるからです。

また、アニメキャラクターの吹き替えを一回分だけできないなど、短期的に声優が役を降りる場合は、同じアニメに参加している声優が代役になることが一般的です。

声優の養成所を選ぶときは、養成所を出てから入れるプロダクションはどこかという点と、どういう仕事に強い養成所かで選ぶといいです。