借金の時効の条件と時効援用を行う方法とは

借金の時効消滅までの時間

借金の時効消滅に必要な時間は個人が銀行や消費者金融に借りた場合は5年で個人が個人から借りた場合は10年になります。返済が一度でもあった場合は貸し借りが成立した日からではなく、最後の返済があった日から計算されます。契約から一度も返済がない場合は契約した日から計算されます。時効は常に進み続けるわけではなく、時効の進行が止まったり時効が振り出しに戻ることがあります。時効が止まるのは債務者に対して債権者から請求があった場合です。請求があってから裁判を起こされないと再び時効が進み始めます。債権者側から裁判を起こされた場合は振出しに戻るので、その時点から5年もしくは10年経過しないと成立しません。一度5年もしくは10年経過しても債務者が返済をするなど債務の承認をする行為があれば時効は振り出しに戻ります。

借金の時効の援用とは

借金の時効は公訴時効と違って定められた時間が経過するだけでは成立しません。定められた時間が経過した上で債務者から債権者に対して時効の制度を利用する事を通知して初めて成立します。援用をする時は時効援用通知書を債権者に送りますが、この通知書は普通郵便ではなく内容証明郵便で送ります。その理由は普通郵便では後になって債権者側に受け取っていないと言われるとたとえ本当に送っていても証明ができないからです。そのため内容証明郵便で送ることで送ったことを確実に証明できるので、時効援用通知書は内容証明郵便で送るべきです。通知書は正しい書式で作成する必要があるので、作成する方法がわからない場合は弁護士などの専門家に相談するといいです。

時効制度を利用する意思を相手に伝えることを「時効援用」と言います。これをしないと時効は成立しません。