ビットコイン取引所を比較するときのポイント3つ

国内と海外ではどちらがよいか?

国内と海外でどちらがよいのかということは一概に決められる問題ではありません。海外でも優良な会社は存在しています。しかし、初心者の人におすすめなのは国内のほうです。国内では法律が厳しく、金融庁から許可を受けた取引所だけが営業することを許されます。ハッキング事件が起きたコインチェックはみなし業者の状態でした。正規の業者を利用するようにしておけば安全度は高いものと思われます。

海外を選ばなければならないとき

仮想通貨の取引をしていると、海外の取引所を探さなければならないときがあります。例えば、話題のカルダノ(ADA)を購入したいときなどです。日本の取引所では購入ができないエイダコイン、ステラなどを購入したいときには海外の取引所を利用しなければなりません。どうしても海外の取引所を利用しなければならないときでも、知名度が高い大手を選んでおけば安心度が高いでしょう。日本人の利用者が多く、ブログなどで登録方法や出金方法が詳しく紹介されている取引所がおすすめです。

送金手数料も重要になる?

ビットコインの送金をするのなら、手数料も重要です。現在ビットコインの価格が上がっているので、0.001BTCという手数料でも800円くらいに相当します。1万円相当のビットコインを送金するのに800円もかかっていたら割りに合わないでしょう。一時的にリップルなどの手数料が安い仮想通貨に交換をして送金をするといった方法なども考えましょう。取り扱っている仮想通貨の種類、送金にかかる手数料は必ずチェックしておきたいポイントです。

ビットコイン取引所の比較をすると、意外と大きな違いがあります。また、時期によって様々なキャンペーンが行われていることもあります。最初にきちんと比較して、お得な取引所を選びましょう。