個人型確定拠出年金は老後の資金にすることができる

個人型確定拠出年金は60歳まで受け取れない

個人型確定拠出年金は老後になるまで、受けとることができません。それを老後の楽しみと考えれば、貯めるときのやる気になります。貯める気がないと、なかなか貯金は始められませんし、続けることができないでしょう。そう考えて、個人型確定拠出年金を自分の楽しみにしてしまえばいいのです。老後は色々なことができると考えれば、個人型確定拠出年金に投資することが楽しくなります。原資となる資金は月々積み立てていくので、それが貯まるのを見るのは楽しいでしょう。老後の年金が心細いなどと考えているのであれば、この貯蓄方法はいいです。引き出せないから貯まる一方になるのです。貯金ができない人は、このような方法の方が合っているかもしれません。

老後に使えるお金は多い方がいい

老後に使うまでにお金を貯めていると考えれば、個人型確定拠出年金は有益です。特に年金だけでは老後の生活ができないという人は、そのようにして老後の資金を作りましょう。老後は生きていれば必ず来ます。そのときに資金がなくて困りよりは、今のうちに増やすようにしていくことが大事です。個人型確定拠出年金は税金がかからないなどのメリットがあるので、増やすには有効な手段になります。また、一般的な年金と違って、自分で投資先を決めることができます。そのため、自分の力量によっては、大幅に資金を増やすことも可能でしょう。大幅に増えなくても、手堅く増やす方法もあります。どちらにしろ、増えるように投資できるのです。

年金のもととなる掛金を払うことを「拠出」といいます。つまり個人型確定拠出年金とは、個人が確定した拠出額を積み立てて年金をつくる制度のことです。