ビットコインは安全?セキュリティーを強化している企業を選ぼう

ビットコインは急速に広まっている

近年、ビットコイン(仮想通貨)の認知度が上がり、日本でも急速に広がっています。今後も、さらなる利用拡大が見込まれているのですが、そのため注目度も大きく、サイバー攻撃の標的にもなりやすいようです。実際大手の取引業者がサイバー攻撃にあい、大量のビットコインが流出してしまいました。問題が発覚した業者も何社かあり、政府の指導も入っています。その為、ビットコインの取引というと躊躇する人もいるでしょうが、逆にここに来てセキュリティーに力をいれているため、安全になっています。

ビットコインのセキュリティー

サイバー攻撃のため、お客様から預かっているコインまで大量流失してしまったことの反省から、金銭の分離管理を実施している業者が多くなっています。多くの業者が、会社の資産である金銭とお客様から預かっている金銭は別口座に分別して管理をし、もしもの時に備えて日々算定・照合をしています。システムへの侵入に対して、24h365日監視を続けているのは当然になっており、専門家によるシステムの脆弱性も判断されています。どこの業者でも、システムごと乗っ取られる危険性はだいぶ少なくなっていると思われます。

では顧客のアカウントの乗っ取りに対してはどうでしょうか?こちらもここ一年でセキュリティーが強化されています。2段階認証が必須となってきており、お客様のログインの記録も管理しています。安全・安心な取引を謳い文句にしている業者も多いのですが、業者を選ぶ時にはセキュリチー対策について詳しく説明してくれる所を選びましょう。ビットコインの取引専門業者よりも、FXや株など総合的に扱っているところのほうがサイバー攻撃に対する知識と対策が強固のようです。

ビットコインの比較をするには、会社の安全性や取り扱っている商品の豊富さ、手数料などを見比べることが大事です。