社会労務士は将来性があり、今後需要が高くなる仕事!

社会労務士の役割とは

労働・社会保険には様々な種類がありますが、そのしくみは極めて複雑です。行政機関に提出する書類の作成、申請手続きはそれらの法規に従って行われます。

社会労務士はこれらの労働や社会保険関係の手続き事務を、企業から依頼を受けて様々な社会保険に関する指導や労務管理などを代行、必要な書類を作成して提出します。就業規則や給与規定の作成、労務管理や年金の請求などの相談やトラブルに応じ、適切にアドバイスを行います。

社会労務士の活躍の場

活躍の場は一般企業に就職するか、独立・開業するかのどちらかですが、顧客開拓のためにも、事務所などに就職して、実務経験を積むことが近道です。労働・社会保険関係の事務手続きは高度な知識が必要とするため、中小企業はこれらの事務を開業社会労務士に任せることも多く、需要が多いわりには絶対数が不足しています。積極的に顧問先を開拓していけば、かなりの報酬が期待できるでしょう。

仕事の広がりを見せ、需要が高まる仕事のひとつ

中小企業は、経営の合理化とともに労務管理が大きな課題です。労務管理は対応や処理がとても複雑で、経営者ひとりで行うことができないので、専門知識のある社会労務士が必要となります。

最近では社会労務士の仕事の広がりを見せており、顧問先事務所の労働時間や賃金、個別労使紛争の未然防止や解決など労働全般にわたるコンサルタント的な役割を担うことが増えてきてます。中には社員教育や能力開発、研修といった分野にも進出している場合もあります。

高齢化社会の到来に伴い、退職年金制度などの年金に関する業務の需要も増えてくることから、ますます社会労務士の重要性が高まるでしょう。

社会保険労務士の就業規則は、それぞれの社員が社内のルールについて理解を深めやすく、毎日の仕事に対する意欲の向上につながることもあります。