中学・高校・大学受験の塾選びにおけるポイント

受験期によって効果的な塾は違う!?

中学、高校、大学受験期は多くの受験生が塾を利用しているのではないでしょうか。通う理由はどの年齢の受験生も「志望校合格のため」が多数のようですが、実は有効な塾は各受験期によって異なるようです。各受験期に効果的とされる塾を理由とともにご紹介します。

中学、高校、大学受験それぞれに効果的な塾

まず中学受験に有効とされる塾です。年齢的にも初めての受験となる受験生も多い中学受験では、細やかなケアと豊富な情報が必要でしょう。この受験期では、一般的には個別指導がよいとされているようです。個別指導では、ほかの習い事も並行していて忙しい、マイペースな性格、積極的に質問することが苦手等の状況をカバーすることができます。また受験への不安の解消、志望校についての詳細な情報等も、個別に対応してもらえることが多いようです。

次に高校受験に有効とされる塾です。高校受験には集団指導がよいという声が多いようです。受験生の母数も中学受験よりも増え、志望校やレベルごとにクラスが設定されているため、講師からはもちろん同じ受験生からも情報やモチベーションアップにつながる刺激が得られるようです。

そして大学受験に関しては、わからない問題に対する質問対応体制、十分な自習室、全国模試の実施が備わっている塾がいいとされています。大きな理由として、先の2受験期に比べて自主学習の効果が大きいこと、ライバルは住んでいる地域だけでなく全国にいることが、よく挙げられているようです。各受験期の塾選びの際に、以上の情報を参考にしてみてはいかがでしょうか。

個別指導では講師交代のリクエストが可能ですが、受講している子ども本人の意見を聞いてからにしましょう。