必ず知っておきたい資金調達の注意点とは!?

銀行からお金を借りる場合のポイント

会社を立ち上げたいけども、事業資金をどのようにしたらよいか迷っている人も少なくありません。一方、お金のことならば、銀行から借りれば何とかなるに違いないと楽観している人も少なくないはずです。しかしながら、銀行をでお金を借りる場合には金利は低いものの信頼がないと貸してくれないでしょう。つまり、今まで取引きをした経験がなければなかなか貸してくれるものではありません。

もう一つなかなか貸してくれない理由の一つは、担保がない場合です。しっかりとした担保がありその人に金銭的な信頼があれば貸してくれますが両方とも備えている人はすでに会社を立ち上げて、ある程度経験がある人になります。

もし、両方ともない場合には銀行以外の方法を模索するしかありません。では、銀行以外からお金を借りる方法にはどのようなものがあるでしょうか。

公庫からお金を借りることも可能になる

比較的簡単にお金を借りる方法としては、公庫を利用する方法があります。これは、国が経営しているところになりますので安心して利用できるのは間違いありません。少なくとも、消費者金融などに借りるよりは信頼できるのは間違いないところです。

ただ、簡単に借りることができるといってもしっかりとした審査がありますのでその審査をクリアしましょう。どのような審査があるかといえば、事業計画書を提出し後は面接をすることになります。事業計画書に関しては、初めて会社を立ち上げる場合どのように書いたらよいのかわかりませんので、行政書士などに相談して審査に通りやすい中身にしておく必要があります。

2社間ファクタリングのほうが主流ですが、3社間契約を結ぶこともできます。取引先企業の同意を得た上で契約を結んだほうがリスクが下がるので、2社間よりも手数料が安くなる傾向があるというメリットがあります。